電話番号(0120-48-8349)
無料相談
ホーム » 新着情報 » 豆知識 » 不倫が見つかった時すること

不倫が見つかった時すること

【不倫が見つかった時、まずしないといけないことは?】

してはいけないと分かっていてもしてしまった不倫。
そして見つかってしまった時、あなたはどうするのが一番なのでしょうか。
今回は不倫が見つかってしまった時の対応について紹介したいと思います。

1.まずは誠心誠意謝罪

配偶者が悪くて不倫をしたとしても、結婚という一種の契約を破ってしまったことに対してはきちんと謝罪をしましょう。
もし遊びで不倫していたのなら、開き直ることはもってのほかです。
許しを請うのではなく、悪かったという気持ちから謝罪を行うようにしましょう。
その時にいう言葉一つでも、相手は反省しているのか物事の重大性を理解できているのか、ということは判断できます。

2.今後どうなりたいか考える。

自分は配偶者とどうなりたいのかを考えてください。
不倫相手は遊びだったのか、それとも本気だったのか。誰よりも大切にしたいのは誰か。
そのことを考えていると、自ずと結論も出てくると思います。
そこを考えたうえで自分はどうしたいのか伝えましょう。

3.慰謝料の支払い

もし、あまりにも高い値段を言われる以外は、払うようにしましょう。
不倫をしていた期間や、共有財産に手を出したかといったことからも、値段は変わってきます。
ですが100万円以上の慰謝料を請求されることは多いと思います。
慰謝料の値段は、相手の心を傷つけた値段です。
もしも不倫をした理由に、相手が自分に対して不利益なことをされてしまい、不倫をしてしまったという事であれば、慰謝料が減額されることもあります。
その場合は、こちらも弁護士を付けて、話し合いをすることが大事です。
ですが、不倫はしてはいけない行為です。
大体の場合が難癖のような人もいるので、一旦落ち着いて、弁護士などに全てを話して、それでもこの値段は妥当なのかを聞くようにしましょう。

4.嘘をつかない

その場しのぎで嘘をつく人はいます。
例えば、離婚するにあたって財産分与をするために、自分の取り分を多くしようと貯金をしていた額は私の方が多いなどと言うようなことです。
弁護士を雇ったとしても、そういった所で嘘をついていた場合、弁護士との契約の取り消しが起こる可能性もあります。
分からないでしょ、と思った嘘だとしても数値で残っていることもあります。
そういった時に嘘だとバレてしまうと誠意ない対応だと思われてしまってもおかしくありません。
不倫してしまい、ばれてしまったなら開き直らずに誠意をもって対応をすることが大事です。

5.暴力や家への押しかけ

もし離婚を切り出されたり、慰謝料で借金を背負うことになったとしても、相手のもとに行くことは辞めた方が良いです。
場合によってはストーカー扱いをされます。
大体の人は、不倫をした相手との縁を切りたくて離婚をすると思います。
そのため、縁を切りたい相手がまた再婚したいやり直したい、と突然自分の前に現れるのは恐怖でしかありません。
暴力をしたり、突然押しかけることをしてしまうと事件になってしまうこともあるため、何か用事があるのであれば、メールや電話を利用し、拒否されている場合は弁護士を通すようにしましょう。

まとめ

不倫をしてしまったのであれば、まずは悪いことをしているという事実をちゃんと理解して、誠心誠意謝罪をすることが先決です。
その後、自分の人生でもあるので、再婚したいのであれば、そのことを相手に伝えることも問題はありません。
ですが、焦るあまり強引な予定をとったり、怒ってしまう態度や、恩着せがましい態度をしてより相手に冷められてしまう人もいます。
自分がした過ちの大きさをしっかりと理解して、償いのために行動をすることが、相手にも伝わる気持ちの伝え方です。
もし、今不倫をしている人がいる場合、ばれた時にどんな未来が待っているのかを軽い気持ちではなく、真剣に考えることが大事です。

お問い合わせ
お問い合わせ
よくある質問
Q&A 安心してご依頼をして頂く為に、
依頼主の方からよく頂く質問を、
こちらにまとめました。

詳細はコチラ

探偵用語集
探偵用語集 初めてのご依頼では不安な事もあるでしょう。探偵のお仕事で使われる用語集を作りました。 気になる言葉はご確認下さい。

詳細はコチラ

他社との比較
他社との比較 アーネット調査事務所が他社とは違う所!こちらに全てまとめてあります!是非ご確認下さい。

詳細はコチラ

アーネット調査事務所について

アーネット調査事務所

アーネット調査事務所は高度な技術力に裏付けされた探偵のプロフェッショナル集団です。

会社概要 代表者挨拶
沿革 アクセス
ページ上部へ戻る