電話番号(0120-48-8349)
無料相談
TOP >  新着情報 > 豆知識 > 相手が既婚者だと知らずに不倫関係になってしまう例とは

相手が既婚者だと知らずに不倫関係になってしまう例とは

不倫とは、どちらか片方が既婚者である場合の恋愛関係も含まれます。そのため、自分は元々恋人がいなくて、本気で恋愛をしようと思って恋愛関係を持っているつもりでも、相手が既婚者の場合は不倫をしてしまっていることになります。時々ある不倫のトラブルの一つに、相手が既婚者であることを知らなかったというケースがあります。既婚者側としては、既婚者だと知られると逃げられてしまう、家庭にバラされてしまうなど不都合なことも多いため、自分が既婚者であることを隠していることも少なくないようです。知らぬ間に既婚者と恋愛関係を結んでしまっていることも案外少なくはないのですが、どこでどのような出会いがあってそのような不倫関係が起きるのかという事について、今回はご紹介していきます。

既婚者の相手との出会いの場

不倫の出会いの場は様々あります。ここ最近特に増えているのが、マッチングアプリや出会い系サイト、オンラインゲームなどといったネット上での出会いです。マッチングアプリや出会い系サイトは、恋人を探す目的のツールであるため、本気で恋人探しをしようと思って利用している人にとっては、相手が既婚者であるなどとは思いもしないでしょう。オンラインゲームで仲良くなって実際に会い、そのまま恋人関係(不倫関係)に至るというケースもよくあるようです。いずれにしても、ネット上の出会いの場合相手のことを詳しく知らない状態で会うことになるため、相手が既婚者であるという事を知らないままに気づいたら不倫関係を結んでしまっているという事も少なくないようです。
その他の出会いの場としては、カフェやバーでの相席や隣席でたまたま話をしたことがきっかけというケースや、職場での出会いで、相手が社内で既婚者であることがあまり知りわたっておらず知らずのうちにというケースもあるようです。

不倫相手との別れのタイミング

では、そういった不倫相手との別れのタイミングについて今回は見ていきます。ここでは、相手が既婚者であるケースについてです。不倫は大きく分けて2つのパターンに別れることが多いのですが、1つは家族のことはあくまでも大事に思ってはいるが不倫をしてしまっているケース、もう1つは家族や配偶者に何かしらの不満があり別の相手を求めているケースです。もっとわかりやすく言うと、優先順位で家族が上か、不倫相手が上と思っているかという事です。
不倫相手との別れるタイミングとして、1つ目は、配偶者に不倫がバレてしまった場合に家族を優先して別れるというのがあります。もし仮にも家族との関係を修復できるのであれば当然家族を選ぶという事のようです。2つ目は、会えるタイミングが減った時に自然に別れるというパターンです。コロナ渦の不倫事情にこれはよくあったようですが、家族との時間が増え、会えるタイミングが減った場合に、あえて不倫相手と会うことを選ばず、そのまま家族との時間を大切にするという事です。会えることが減るから別れるというのは、本当に絆の深いカップルだと会えなくても続けていきたいと思うはずなので、相手から見たらただ都合の良い関係としか見られていなかったのかもしれないですね。他にも様々なパターンは考えられますが、特に多いのはこの2つでしょう。

まとめ

今回は既婚者との不倫についてでした。別れるタイミングについて見ていると、どうしても家族が第一となると自分は2番目の人ということになり簡単に切り捨てられてしまっているというような状態になっています。相手が既婚者である場合不倫となり、既婚者側からすると本気でこの関係を続けていく気がない場合も多く、もし相手の配偶者にバレた場合は慰謝料を請求されるリスクも多くあります。自分は相手が既婚者であることを知らなかったとしても、それは知らなかったでは言い訳にならないこともあるので、注意が必要です。

お問い合わせ
お問い合わせ
よくある質問
Q&A 安心してご依頼をして頂く為に、
依頼主の方からよく頂く質問を、
こちらにまとめました。

詳細はコチラ

探偵用語集
探偵用語集 初めてのご依頼では不安な事もあるでしょう。探偵のお仕事で使われる用語集を作りました。 気になる言葉はご確認下さい。

詳細はコチラ

他社との比較
他社との比較 アーネット調査事務所が他社とは違う所!こちらに全てまとめてあります!是非ご確認下さい。

詳細はコチラ

アーネット調査事務所について

アーネット調査事務所

アーネット調査事務所は高度な技術力に裏付けされた探偵のプロフェッショナル集団です。

会社概要 代表者挨拶
沿革 アクセス
ページ上部へ戻る