首都圏の浮気調査・家出所在調査は創業16年3万件以上の実績を持つアーネット調査事務所にお任せ下さい

電話番号(0120-48-8349)
無料相談
TOP >  新着情報 > 豆知識 > 不倫を題材にした文学作品5選

不倫を題材にした文学作品5選

不倫はいつの時代も甘い蜜であり、現代に限らず昔から物語で書き綴られてきました。やはり人の恋や愛、そして報われぬ恋や許されぬ恋は人々の心を揺さぶっているのです。今日は不倫を題材にした小説や文学作品5選をご紹介していきます。

不倫名作5選

1.舞姫 (川端康成)

ノーベル文学賞を受賞した川端康成著で、上流階級の出の波子は夫に隠れて元恋人と密会を重ねている。娘にはプリマドンナの自身の夢を投影している。娘も昔の波子のパートナーである香山に恋慕しており、夫の八木も実は波子の不倫に気づいており、嫉妬の炎で波子を激しく抱き、その心の平穏を保っている。それぞれが各々の心模様が繊細に描かれており、不倫が題材になっているが愛の物語とも言えるだろう。

2.鍵 (谷崎潤一郎)

昭和の文豪である谷崎潤一郎が書いた名作です。お互い相手が読むことを前提にしたものであり、それが元に物語を構成されているが、妻・郁子は夫を裏切り実は大学生の木村と…これが実はわかるのは夫の死後という性欲と愛欲にまみれた夫婦の生々しい描写が当時人気を集めました。

3.東京タワー (江國香織)

黒木瞳・岡田准一主演で映画にもなった江國香織の人気作で、幅広い層からの支持を集めた。若い男性と年上の女性の濃密な心のやり取りを描いた作品で主人公の透の友人の耕二がまた物語にアクセントを与えており、不倫とは純愛とは運命とはと考えさせられる作品となっている。

4.不機嫌な果実 (林真理子)

石田ゆり子主演で1997年にドラマにもなった作品。主人公の麻也子は夫に不満を感じ、昔の恋人と逢瀬を重ねていく、しかし年下の男性との出会いからまた恋に落ち、二股を続けながらも夫と離婚し年下男性と結婚するものの、結婚生活に不満を感じ、また昔の恋人の元に戻っていく…。ドロドロの不倫ドラマが当時は話題を博しました。

5.孤独で優しい夜 (唯川 恵)

「不倫ではなく純愛だと思っていた」そんな主人公の想いとは裏腹に周りの人を巻き込んだ不倫は徐々に加速していく。秘めていた思いが爆発するその瞬間は不倫ではなく、本当の愛だったのかもしれない。シンプルな構成ながら思いの強さが感じられる作品。

不倫は決して肯定されるべきものではありませんが、フィクションの物語を読むことは全く問題ありません。作品の一つとして面白いものばかりですから、まだ読んだ事がない方は一度読んでみる事をおススメします。

お問い合わせ
お問い合わせ
よくある質問
Q&A 安心してご依頼をして頂く為に、
依頼主の方からよく頂く質問を、
こちらにまとめました。

詳細はコチラ

探偵用語集
探偵用語集 初めてのご依頼では不安な事もあるでしょう。探偵のお仕事で使われる用語集を作りました。 気になる言葉はご確認下さい。

詳細はコチラ

他社との比較
他社との比較 アーネット調査事務所が他社とは違う所!こちらに全てまとめてあります!是非ご確認下さい。

詳細はコチラ

アーネット調査事務所について

アーネット調査事務所

アーネット調査事務所は高度な技術力に裏付けされた探偵のプロフェッショナル集団です。

会社概要 代表者挨拶
沿革 アクセス
ページ上部へ戻る