首都圏の浮気調査・家出所在調査は創業16年3万件以上の実績を持つアーネット調査事務所にお任せ下さい

電話番号(0120-48-8349)
無料相談
TOP >  新着情報 > 豆知識 > 不倫大国・日本は中絶大国だ!

不倫大国・日本は中絶大国だ!

悲しい言葉に「望まない妊娠」「望まない子供」というようなものがありますが、ご存知でしょうか。
呼んで字の如く、望んでいなかったのに妊娠してしまった、子どもが出来てしまったという意味です。

実は日本は先進諸外国と比べても、非常に中絶率が高い国なのです。
現在約100万人の新生児が生まれてきますが、中絶の件数はおよそ18万件と言われています。
つまり、生まれてくるはずだった子供約20%が中絶によって、その未来を断たれています。
1990年代に30万件を超えていた事を考えると、減っては来ています。

もちろん性被害などによって女性が辛い立場に置かれた上での中絶もあり、
一概に中絶を否定、非難している訳ではありません。

ただタイトルにもある様に、不倫という許されざる行為によって、社会に認められない日陰の子供になると判断しての中絶行為には、
正直、非常に悲しい気持ちにならざるを得ません。

中絶が多い理由

1、宗教上のタブーがない

日本では欧米やアラブ、アフリカ、アジアの地域に比べて、国内に特定の宗教が根強いという事がありません。
信仰の自由も保障されており、宗教における中絶の是非の考え方が根付いていない事もあげられるでしょう。

2、不倫の子が受け入れられない社会システム

また日本は婚外子が社会的な弱者となり、生活がしにくい、育てにくいという社会システムの弊害も存在します。
やはり日本国内においては、不倫の子、愛人の子、というのは響きが悪いと判断されて、社会システムの枠の外になってしまいます。
それは社会保障制度の中でも不利益を被るケースもあるからです。

こういった社会背景はあるにせよ、決して中絶は褒められた行為ではありません。
どういった経緯があっても、なるべくなら中絶が増えない、徐々に減っていく為に今後の日本の社会システム、風土、文化が醸成されていく事が望ましいと言えるでしょう。

お問い合わせ
お問い合わせ
よくある質問
Q&A 安心してご依頼をして頂く為に、
依頼主の方からよく頂く質問を、
こちらにまとめました。

詳細はコチラ

探偵用語集
探偵用語集 初めてのご依頼では不安な事もあるでしょう。探偵のお仕事で使われる用語集を作りました。 気になる言葉はご確認下さい。

詳細はコチラ

他社との比較
他社との比較 アーネット調査事務所が他社とは違う所!こちらに全てまとめてあります!是非ご確認下さい。

詳細はコチラ

アーネット調査事務所について

アーネット調査事務所

アーネット調査事務所は高度な技術力に裏付けされた探偵のプロフェッショナル集団です。

会社概要 代表者挨拶
沿革 アクセス
ページ上部へ戻る