首都圏の浮気調査・家出所在調査は創業16年3万件以上の実績を持つアーネット調査事務所にお任せ下さい

電話番号(0120-48-8349)
無料相談
TOP >  新着情報 > 豆知識 > 不倫調査こそプロに頼め!!生兵法は大怪我の基

不倫調査こそプロに頼め!!生兵法は大怪我の基

アーネット調査事務所は不倫調査には自信を持って、業務に取りくんでいます。いままでに数千件もの調査を完了してきており、独自のノウハウが蓄積されています。
依頼者の方のご希望や要望に合わせた調査方法や、素人では難しい調査もプロとしていままで多く解決をしてきています。

実はこんな少々自慢じみた話をしたい訳ではなく、アーネット調査事務所ではこの様に考えているという事を今日はお伝えします。

不倫調査はプロがやるべき

なぜこういった結論に達したか、簡単に言えば自分で調査をして失敗をしてご相談に来られる方が後を絶たないからです。

ご自身で調査を失敗すると、調査対象に気づかれてしまったり、関係が悪化したり、証拠の隠滅をされてしまったり、協力者をつけてしまったりと、
ハッキリ言って、いい事は何一つありません。敢えて言うならば、調査費用がかからないという事くらいでしょうか。

素人が失敗する例をいくつかまとめましたので、ご確認下さい。

(1)尾行に失敗する

尾行とはターゲットを追跡して、行動を調べることが主ですが、訓練を積んでいない素人がやると、
ターゲットにバレてしまったり、初めての事に戸惑い緊張して、おどおどしてしまい、最悪のケースでは警察に通報されたという事もあったそうです。
適度な距離や正しい場所に身をひそめるなど、一般の方が出来ない方法やノウハウがプロにはあるのです。無理せずプロに任せる事が賢明ではないでしょうか。

(2)ターゲットとの関係が悪化する

人間普段と違う事をすれば、それは表情や態度などに緊張として現れてしまうものです。
パートナーを調査するという事は、つまり普段とは違う行動をとるということであり、そこで異変を相手に気づかせてしまっては相手も疑心暗鬼になり、
関係が悪化する可能性もあると言えます。関係が悪化すると力関係に変化が生じるなど、交渉や調査が難しくなってしまう事もあるのです。

(3)訴訟に必要な証拠が集められない

離婚をする際には概ね当人同士の話し合いや、弁護士を介しての折衝が主となります。
しかし、そこで話がまとまらないと訴訟に発展するケースもあります。そういった司法が関わる問題については、証拠も非常に重要です。
それについては、必要な証拠を必要なだけそろえておくことで、調停や訴訟が有利に進む可能性が高くなります。
しかし一般の人ではそこまでの証拠を集めるのは難しいでしょう。メールやLINEのキャプチャを残しておくくらいしか難しいのが現実です。
有利な形で離婚を考えている方こそ、プロに不倫調査を頼むのが間違いありません。

アーネット調査事務所は依頼者の方の利益を最大化する事も重要な業務の一環と考えています。
いい条件での離婚や真剣についても、離婚問題に強い弁護士の先生のご紹介もしております。調査だけではなく、メンタル面のサポートまで数千件の不倫調査を行ってきたノウハウがあります。

ご自身で無理にやろうとはせずに、まずは一度ご相談頂く事をオススメします。

お問い合わせ
お問い合わせ
よくある質問
Q&A 安心してご依頼をして頂く為に、
依頼主の方からよく頂く質問を、
こちらにまとめました。

詳細はコチラ

探偵用語集
探偵用語集 初めてのご依頼では不安な事もあるでしょう。探偵のお仕事で使われる用語集を作りました。 気になる言葉はご確認下さい。

詳細はコチラ

他社との比較
他社との比較 アーネット調査事務所が他社とは違う所!こちらに全てまとめてあります!是非ご確認下さい。

詳細はコチラ

アーネット調査事務所について

アーネット調査事務所

アーネット調査事務所は高度な技術力に裏付けされた探偵のプロフェッショナル集団です。

会社概要 代表者挨拶
沿革 アクセス
ページ上部へ戻る