埼玉・茨城・群馬の浮気調査は探偵のプロフェッショナル アーネット調査事務所│雨の日が続くと不倫カップルが活動的になる理由を科学的に解説!

電話番号(0120-48-8349)
無料相談
TOP >  新着情報 > 豆知識 > 雨の日が続くと不倫カップルが活動的になる理由を科学的に解説!

雨の日が続くと不倫カップルが活動的になる理由を科学的に解説!

雨の日って憂鬱ですよね。最近はただでさえ新型コロナウイルスの影響でなかなか自由に外に出ることが出来ないのに、雨の日は散歩や日光浴すら出来なくなってしまいます。こうなるとストレスが溜まり、精神が病んでいくのは当然のことかと思います。

しかし、悪天候が精神状態に悪影響を及ぼすのは行動の制限だけが理由ではないのです。そしてこのもう一つの理由は、人を不倫へと導く大きな原因の一つとなっています。そこで今回は雨の日が続くと不倫カップルが活動的になる理由を解説します。

【前提】雨の日は日照時間が減る

まず大前提として、雨の日は太陽が雨雲に覆われており日光に当たることがなかなか出来ません。日光は私達の精神状態に大きく関わるあるビタミンと大きな関わりがあるんです。

(1)日照時間の減少がメンタルを病ませる

人間は日光を浴びることによって精神状態が改善するなんて、昔から言われていますが、その理由は日光を浴びることによって体内でビタミンDの合成が行われるからです。このビタミンDは性ホルモンの分泌を促したり、免疫力を上げたりと体の機能に大きく貢献します。
ビタミンDは認知機能の維持やメンタルの健康には欠かせない栄養素だと言われており、悪天候による日照時間の減少は人間の精神へ悪影響を与えるということになります。

(2)病むと自暴自棄にリミッター解除

人間は精神状態が悪化すると自暴自棄になり、鬱っぽくなってしまいます。自暴自棄になると、これまで制限していたリミッターが外れてしまい、普段では有り得ない行動に出てしまうことがあります。
ここ最近はコロナ禍の影響で既に精神が病んでしまっているという人が多いです。そこへ追い打ちをかけるように日照時間の減少が起こると、多くの方が精神を病み、気を紛らわすための不貞行為に走ってしまうことが考えられます。

特に不倫などの不貞行為はその行為そのものにスリルがあり、スリルはドーパミンの分泌を促します。ドーパミンは爽快感や満足感と直結しており「ポジティブホルモン」とも呼ばれています。快楽物質であるドーパミンは鬱っぽかった精神を改善し、更に同じ行為へ依存させることとなります。
このことから、パートナーの不倫を防ぐにはメンタルの健康を維持させることが非常に重要ということになります。

まとめ

人間の精神状態にはビタミンDが大きく関わっており、それは日光を浴びることで体内で合成することが出来ます。

食事からの摂取も可能ですが、最近は菓子パンやインスタント食品などの栄養価の低い食べ物が沢山流通しており、食事でもビタミンを満たせていないという人が多いです。そこへ追い打ちをかけてくる雨に対抗するには、普段から栄養のあるものを食べて、晴れている日は外に出て日光を浴びる。

運動にも抗鬱作用があるので、休みの日はパートナーと一緒に軽く運動をしてみると、より二人の関係が良くなって不倫から遠ざかることが出来るかもしれませんね。

お問い合わせ
お問い合わせ
よくある質問
Q&A 安心してご依頼をして頂く為に、
依頼主の方からよく頂く質問を、
こちらにまとめました。

詳細はコチラ

探偵用語集
探偵用語集 初めてのご依頼では不安な事もあるでしょう。探偵のお仕事で使われる用語集を作りました。 気になる言葉はご確認下さい。

詳細はコチラ

他社との比較
他社との比較 アーネット調査事務所が他社とは違う所!こちらに全てまとめてあります!是非ご確認下さい。

詳細はコチラ

アーネット調査事務所について

アーネット調査事務所

アーネット調査事務所は高度な技術力に裏付けされた探偵のプロフェッショナル集団です。

会社概要 代表者挨拶
沿革 アクセス
ページ上部へ戻る