埼玉・茨城・群馬の浮気調査は探偵のプロフェッショナル アーネット調査事務所│不倫理由にも繋がるモラハラの特徴とは

電話番号(0120-48-8349)
無料相談
TOP >  新着情報 > 豆知識 > 不倫理由にも繋がるモラハラの特徴とは

不倫理由にも繋がるモラハラの特徴とは

モラハラとは、モラルハラスメントのことですが、夫婦間でモラハラが起きて、それが原因で不倫に繋がるというケースが考えられます。ハラスメントと言うと、相手に嫌な思いをさせることだというのは言うまでもないですが、実際にモラルハラスメントとは、言葉によって精神的に相手を傷つけダメージを与えてしまうことを指します。これは仕事にもあることですが、夫婦間による家庭でも無意識のうちに起きてしまっていることのようです。今回はそんなモラハラの特徴について挙げていきます。

モラハラの特徴とは

見下したり否定したりする発言が多い

相手を見下したり否定したりする発言が多いのは、明かなモラハラの特徴と言えます。モラハラは、言葉によって相手に精神的ダメージを与えることで、仕事でも上司から詰められる時に、“なぜできないんだ”などと言われると、相手をただ見下している発言としてモラハラになっていることになります。また、否定的な発言も同じで、相手の言う事を否定し続ける人は明らかなモラハラの特徴と言えるでしょう。

約束を破ったり嘘をつきやすい

約束を破る、嘘をつくという事は、普通は良くないことだと思ってためらいもありますが、平気でうそをついたり約束を破ったりする人はモラハラの特徴ともいえます。約束を破ることや平気で嘘をつくことは、相手を見下しているためにそうなっていると考えられます。また、自分を上の立場に見せたいがためにそういった行動をするという心理もモラハラ体質の人にはあるようです。

共感することが少なく、自分のルールへのこだわりが強い

モラハラ体質の人の特徴として、自分のルールへのこだわりが強いことも考えられます。自分の考えやこだわりは絶対だという意識を持っているために、他人の意見に共感することが少ないという特徴があります。自分の意見を押し通そうという特徴を持っている傾向が強いのもモラハラの特徴です。

劣等感が強く嫉妬深い

劣等感が強く嫉妬深いというのもモラハラの特徴としてあります。モラハラ体質の人は、自分が被害に遭っていると思い込みやすいため、劣等感が強くコンプレックスなどを抱えやすい人も多い傾向にあるようです。

モラハラを受けた時の対処法

モラハラを受けた時は相手としっかり話し合いをして、やめてほしい気持ちを伝えるのが一番です。もしモラハラを自分が我慢すればいい、今だけ我慢すればいいなどと受け入れてしまうと、モラハラがさらに強くなったり被害が増えたりとお互いに悪循環になってしまうため、決して受け入れないようにすることが大切です。また、話し合っても分かり合えない時は、友人など第三者に相談することも効果的です。実際にどのような被害に遭ったかという記録や証拠も残しておけばもし万が一関係を続けることが難しくなった時に、慰謝料を請求できる可能性も高まるでしょう。

まとめ

モラハラは、加害者の方も精神的に少し病を抱えていることが多く、それは過度な時は修復さえも難しくなります。モラハラは加害者本人も気づかずにしてしまっていることが多く、場合によっては被害者も気づかずに被害を受けてしまっていることがあります。その結果、お互いに悪循環で関係が悪化することもあるため、モラハラはそのままにせず、しっかり話し合いをしたり場合によっては他人に相談をするのも大切です。

お問い合わせ
お問い合わせ
よくある質問
Q&A 安心してご依頼をして頂く為に、
依頼主の方からよく頂く質問を、
こちらにまとめました。

詳細はコチラ

探偵用語集
探偵用語集 初めてのご依頼では不安な事もあるでしょう。探偵のお仕事で使われる用語集を作りました。 気になる言葉はご確認下さい。

詳細はコチラ

他社との比較
他社との比較 アーネット調査事務所が他社とは違う所!こちらに全てまとめてあります!是非ご確認下さい。

詳細はコチラ

アーネット調査事務所について

アーネット調査事務所

アーネット調査事務所は高度な技術力に裏付けされた探偵のプロフェッショナル集団です。

会社概要 代表者挨拶
沿革 アクセス
ページ上部へ戻る