埼玉・茨城・群馬の浮気調査は探偵のプロフェッショナル アーネット調査事務所│ドラマ「サレタガワのブルー」でも話題。不倫の被害者が抱える苦しみとは。

電話番号(0120-48-8349)
無料相談
TOP >  新着情報 > 豆知識 > ドラマ「サレタガワのブルー」でも話題。不倫の被害者が抱える苦しみとは。

ドラマ「サレタガワのブルー」でも話題。不倫の被害者が抱える苦しみとは。

不倫をテーマした原作のドラマ「サレタガワのブルー」が話題となっていますが、不倫をされた側、つまり被害者を主人公に描く作品です。そこには、不倫の被害者ならではの苦しみを描かれていて、不倫がどれだけ重いことかというのを考えさせられるのではないでしょうか。今回は、ドラマ「サレタガワのブルー」を参考に、不倫の被害者に焦点を当てていきたいと思います。

不倫の被害者が抱える苦しみとは?

不倫は被害者の方が何倍も苦しみが重いと言えるでしょう。不倫とは、「結婚」という人生においてもかなり大きな契約を結んだ相手に裏切られるという事です。人それぞれではありますが、結婚には相手と共に長い人生を一緒に歩んでいくことであり、それなりの覚悟や責任が必要になります。そんな相手に裏切られるという事は、辛い、苦しいという言葉では表せないくらい重いものがあります。また、それだけでなく、証拠をきちんと持っていないと、場合によっては離婚や慰謝料、親権の手続きも有利に進めることができず、被害者である上に不利な結末になってしまう可能性があるという事です。ドラマ「サレタガワのブルー」でも、不倫をしている者が楽しんでいる間に、その被害者が苦しんでいる様子が非常に印象的でした。

被害者だけが一方的に損をしないためにも、証拠や親権を得るための条件を得ることは必須

ドラマ「サレタガワのブルー」では、主人公である田川暢と、その妻で不倫の当事者である藍子が登場します。また、藍子の不倫相手の和正と、和正の妻である梢も登場します。暢と梢は2人で協力し合い、お互いの配偶者の不倫の証拠を掴むと共に、有利に離婚へ進めようとしていますが、梢は専業主婦で収入もなく、親権を取れるかがとても難しい状況です。また、仮に親権を得られたとしても子供を保育所の受け入れ先を探す必要があったり、そのためには仕事で収入がある必要があったりと、被害者でありながら不利な状況が続いてしまいます。不倫を確信しても、証拠をきちんと揃えないと離婚や慰謝料へと手続きを進めることができない上、職や保育所の受け入れ先がないと親権を得ることも難しいということが現実にあります。不倫の被害者は、精神的に苦しめられる上に不利なことが多いですが、その後の手続き有利に進めるためにも必須なことが多いという事です。

まとめ

不倫の被害者は精神的に苦しめられるだけでなく、その後の手続きでも色々と不利なことが多いのが現実です。しかし、不倫を絶対に許さないためにも、自分に有利になるように一つ一つ証拠を揃えたり、離婚後の準備を進めたりしていくことが必要という事でした。不倫はお互いに不幸な結末になることが多いですが、せめて被害者が損をしないためにも、知識としては必要であることなのかもしれないですね。

お問い合わせ
お問い合わせ
よくある質問
Q&A 安心してご依頼をして頂く為に、
依頼主の方からよく頂く質問を、
こちらにまとめました。

詳細はコチラ

探偵用語集
探偵用語集 初めてのご依頼では不安な事もあるでしょう。探偵のお仕事で使われる用語集を作りました。 気になる言葉はご確認下さい。

詳細はコチラ

他社との比較
他社との比較 アーネット調査事務所が他社とは違う所!こちらに全てまとめてあります!是非ご確認下さい。

詳細はコチラ

アーネット調査事務所について

アーネット調査事務所

アーネット調査事務所は高度な技術力に裏付けされた探偵のプロフェッショナル集団です。

会社概要 代表者挨拶
沿革 アクセス
ページ上部へ戻る