埼玉・茨城・群馬の浮気調査は探偵のプロフェッショナル アーネット調査事務所│不倫や離婚の原因にもなるモラハラについて。

電話番号(0120-48-8349)
無料相談
TOP >  新着情報 > 豆知識 > 不倫や離婚の原因にもなるモラハラについて。

不倫や離婚の原因にもなるモラハラについて。

夫婦間での形はその夫婦ごとによって様々です。しかし度を越えた言葉や態度は「モラハラ」呼ばれることもあります。

モラハラとは

モラハラとは、「モラルハラスメント」の略です。言葉や態度で人を傷つけたり、道徳に反することを言います。人と関わった際に暴力ではなく、言葉で責めて相手を傷つけることをモラハラ(モラルハラスメント)と呼びます。モラハラの例は無視したり、一方的に非難して恐怖を与えることです。夫婦間では特にモラハラが多いとも言われています。他の人が入りにくいためモラハラと呼ばれることが起きても、本人が言われるまでモラハラされていたと自覚がない場合があります。夫婦間での形は本当に人様々なので、あくまでもひとつの夫婦の形として受け入れてしまう人が多く、「亭主関白」という言葉もあってか、精神に大きく影響が出るまで受け入れしまい、精神疾患などにかかってしまう人も多くいます。

不倫する男はモラハラする可能性も高い

例えばパートナーが不倫された際に不倫の理由を「お前のせいだ」と言われたら、あなたはどうしますか。どう見ても不倫をした本人が責任があるに決まっています。モラハラをする多くの人が自分に間違いがあることを認められません。実際に不倫した際に「お前のせいだ」の様な発言をする人の例もあります。納得してしまった場合には「モラハラ」によって、恐縮して正しい判断ができていない可能性があります。納得してしまうと、相手がさらにモラハラを加速させる要因となってしまい、状況がさらに悪化してしまいます。

モラハラの例

(1)悪口
(2)無視される
(3)仕事のストレスなどを八つ当たりされる
(4)家から出るなと言われるor家から出ていけと言われる
(5)怒鳴られる
簡単なモラハラの例です。実際には多くのパターンが存在します。

もしかしてモラハラされている、と思ったら

モラハラは明確な定義があるわけではありません。なのでもしモラハラをされていると思ったら証拠を残しましょう。相手のメールや電話など喋っている様子を録音してみてください。そして信頼できる人に実際に共有してみましょう。辛い思いをしたのかも、何かメモに残しておくことを進めます。その場では恐縮してしまい納得してしまっても後で見返すと、「これはモラハラかもしれない」と思うポイントがあるかもしれません。ここで一番してはいけないのは「モラハラをしている」と相手に言ってしまうことです。相手の怒りをさらに買ってしまう可能性があります。冷静に見極めて、感情的にならず第三者に相談する必要があります。

まとめ

これはモラハラかも、そう思ってもモラハラという言葉に縛られてはいけません。それぞれの夫婦間があるのも確かです。とにかく感情的にはならず冷静に客観的に自分の状況を見てみる必要があります。どんな言葉でも人によっては「モラハラかも」と感じてしまうと何がモラハラになるのか、ちょっとした事や話し合いがモラハラと取られてしまうと思ってしまうと、話し合いすら満遍にできなくなってしまいます。言葉というのは人との会話では重要なコミュニケーションのひとつであり、なくてはならない大事なものです。ふたりだけで解決しようとするのではなく、身近にサポートしてくれる人がいたら話してみたり、相談できる場所へ行きましょう。海外ではカウンセラーに相談するのも手段のひとつとして、当たり前に利用されています。一人で辛い問題を抱えるのではなく、誰かに共有してみてください。

お問い合わせ
お問い合わせ
よくある質問
Q&A 安心してご依頼をして頂く為に、
依頼主の方からよく頂く質問を、
こちらにまとめました。

詳細はコチラ

探偵用語集
探偵用語集 初めてのご依頼では不安な事もあるでしょう。探偵のお仕事で使われる用語集を作りました。 気になる言葉はご確認下さい。

詳細はコチラ

他社との比較
他社との比較 アーネット調査事務所が他社とは違う所!こちらに全てまとめてあります!是非ご確認下さい。

詳細はコチラ

アーネット調査事務所について

アーネット調査事務所

アーネット調査事務所は高度な技術力に裏付けされた探偵のプロフェッショナル集団です。

会社概要 代表者挨拶
沿革 アクセス
ページ上部へ戻る