埼玉・茨城・群馬の浮気調査は探偵のプロフェッショナル アーネット調査事務所│脳のメカニズムから見る梅雨に不倫カップルが増える理由

電話番号(0120-48-8349)
無料相談
TOP >  新着情報 > 豆知識 > 脳のメカニズムから見る梅雨に不倫カップルが増える理由

脳のメカニズムから見る梅雨に不倫カップルが増える理由

「不倫シーズンの山場であるゴールデンウィークを超えてひとまず安心だ」なんて考えていませんか。これからやってくる「梅雨」に乱れるのは、天気だけではありませんよ!

梅雨といえば
「天気が悪くてジメジメしている」
「日照時間が短く気分が上がらない」
「雨ばかりで外出の機会が減りイライラする」
「こんな時期に不倫が増えるなんて考えられない!」

さらに今は新型コロナウイルスの影響で外出できない状況が続いており、一層なのですが、こういったイナス要素こそが世の男女を不倫に走らせる原因なんです。
そこで今回は、梅雨に不倫が多発する理由を解説していきたいと思います。

米軍での研究結果でも判明!

→日照時間が精神状態を変える

梅雨は日照時間が減ってしまいますが、実はそのことが私たちの精神状態に大きな影響を与えているのです。そしてここで鍵となるのが「ビタミンD」です。ビタミンDは食事からの摂取や、体内での合成意外にも、皮膚が紫外線を浴びることによっても合成されます。このビタミンDが不足すると、精神が病みがちになることが、米軍が行った研究やその他の多くの研究で判明しています。
ただでさえ悪天候によって外出が制限されて気分が落ち込む時期に、「梅雨」は人間のメカニズムとして避けられない部分においても、精神に悪影響を与えるのです。

病んだメンタルを助けるために脳はどうするのか?

梅雨は様々な面で人間の精神を病ませるという話をしましたが、私たちの体もやられっぱなしというわけにはいきません。病んだ精神を回復させるために、脳は誘惑に対する耐性を弱くします。
これによって私たちは普段では手を出さないようなギャンブルであったり、衝動買いまたはやけ食いなどを起こします。
そして、リミッターが外れるということは、男女関係においても大胆になるということです。人間の3大欲求は「食欲・睡眠欲・性欲」です。
欲望を抑えるリミッターが外れたときに、性欲だけは特別に抑制できるなんてことがある訳がないですよね。

まとめ

ゴールデンウィークを超えて安心したのも束の間、次にやってくる「梅雨」もなかなかの強敵だということがわかりましたでしょうか。

要点をまとめると
・日照時間の減少によりストレスと戦うために必須な「ビタミンD」が不足
・ストレスで病んだ精神を欲望のリミッターを解放することによって救済
・様々な欲求に加え、3大欲求のうちの一つである性に対する欲求も増加

ちなみに、日照時間の減少によって鬱気味になることを「季節性情動障害」と言います。
これは男性よりも女性の方がなりやすいことがわかっているので、特に男性の皆さんは梅雨の時期のパートナーの不倫には警戒するようにしましょう。

お問い合わせ
お問い合わせ
よくある質問
Q&A 安心してご依頼をして頂く為に、
依頼主の方からよく頂く質問を、
こちらにまとめました。

詳細はコチラ

探偵用語集
探偵用語集 初めてのご依頼では不安な事もあるでしょう。探偵のお仕事で使われる用語集を作りました。 気になる言葉はご確認下さい。

詳細はコチラ

他社との比較
他社との比較 アーネット調査事務所が他社とは違う所!こちらに全てまとめてあります!是非ご確認下さい。

詳細はコチラ

アーネット調査事務所について

アーネット調査事務所

アーネット調査事務所は高度な技術力に裏付けされた探偵のプロフェッショナル集団です。

会社概要 代表者挨拶
沿革 アクセス
ページ上部へ戻る