埼玉・茨城・群馬の浮気調査は探偵のプロフェッショナル アーネット調査事務所│子供の認知の種類を詳しく理解しよう!

電話番号(0120-48-8349)
無料相談
TOP >  新着情報 > 豆知識 > 子供の認知の種類を詳しく理解しよう!

子供の認知の種類を詳しく理解しよう!

先日のコラムの中で「子供の認知」について、お話をしてきましたが、今回は認知の種類とそれを求める方法について、更に詳しく掘り下げていきましょう。もちろんセンシティブな問題ですので、それぞれの事情によって異なる点もあるかと思いますが、あくまで一般的な種類と方法という事だけご理解いただければ幸いです。

認知の種類

(1)任意認知

これは子供の父親となる方が自らの意思で子供の父親である事を認めるものです。任意認知の場合であれば、父親が市町村の役場に自ら「認知届」を出す事で完了します。出生前に認知をする事も可能ですが、その際は母親の方の承諾が必要となります。そして子供が生まれてから、ある程度時間が経っている場合でも認知は可能ですが、もし子供が成人をしている場合においては、本人に判断する力がありますから、認知をする場合は子供自身の承諾も必要になります。

(2)強制認知

これが皆さんが多く、テレビドラマや映画などで見るドロドロの愛憎劇を含んだ認知のイメージかもしれません。強制認知とは、父親が自発的に子供を自分の子供と認めずに、裁判所を通じて、強制的な形で認知させる制度です。流れとしては、まず家裁に認知を求める調停を申し出て、そこで当事者の話の中で諸条件を含めて合意に至れば、それで審判となり、終了となります。ただ一定数は認知を拒み、認知を受け入れない為に、裁判になるケースがあります。裁判になれば、二人の関係や妊娠の経緯も明らかにされますし、最近ではDNA鑑定という方法もあります。このDNA鑑定で親子関係が証明されると、認知が認められる可能性が高くなります。

一口に認知と言っても、すんなり決まるケースもあれば、裁判所での調停や裁判を通じて、何とか認知されるケースもあり、様々と言えるでしょう。

また特例として、他にも「死後認知」というものがあります。これは、父親自身が行う遺言認知、父親以外の者が申し立てる強制認知とがあります。これは主に財産の相続などで出てくるものです。よくドラマや映画で「この子はあの人の子供です!」と葬儀などに小さな子供連れて乗り込んでくる女性の姿などを見た事あると思います。これはまさしく死後認知を求めるケースの一端なのです。

まとめ

認知は子供が生まれる前までに必ずやらなければいけない訳ではなく、日本の法制度の中では多くの選択肢があります。今、もしそういった悩みを抱えているのであれば、専門家に相談してみるのも一つの手ではないでしょうか。また法律は知っているのと知らないのでは、受け取れる権利にも大きな違いが出てきますから、そういった意味でもプロの手を借りるのも重要です。

お問い合わせ
お問い合わせ
よくある質問
Q&A 安心してご依頼をして頂く為に、
依頼主の方からよく頂く質問を、
こちらにまとめました。

詳細はコチラ

探偵用語集
探偵用語集 初めてのご依頼では不安な事もあるでしょう。探偵のお仕事で使われる用語集を作りました。 気になる言葉はご確認下さい。

詳細はコチラ

他社との比較
他社との比較 アーネット調査事務所が他社とは違う所!こちらに全てまとめてあります!是非ご確認下さい。

詳細はコチラ

アーネット調査事務所について

アーネット調査事務所

アーネット調査事務所は高度な技術力に裏付けされた探偵のプロフェッショナル集団です。

会社概要 代表者挨拶
沿革 アクセス
ページ上部へ戻る