埼玉・茨城・群馬の浮気調査は探偵のプロフェッショナル アーネット調査事務所│緊急事態宣言で不倫の数が増加!?

電話番号(0120-48-8349)
無料相談
TOP >  新着情報 > 豆知識 > 緊急事態宣言で不倫の数が増加!?

緊急事態宣言で不倫の数が増加!?

2020年からの新型コロナウイルスの影響は未だに収束には向かっていません。それどころか日本国内では、2021年に入り、再度緊急事態宣言が発令されています。首都圏でも3/21に解除の予定ですが、まだまだコロナウイルスの感染者の数は減っていません。

今後どうなっていくかまだ見通しは決して明るくはありません。

しかし、2020年の最初の緊急事態宣言と今とでは、大きく違う事があります。
それは「意識」です。2020年に緊急事態宣言が初めて出された時は多くの会社がリモートワークや休業に切り替えた事により、電車も街も閑散としていました。

ただ…現状は街にかなりの人が見受けられますし、街の雰囲気は1年前とは大きく異なります。そしてこれにより、リモートワークが出社に変わったと口実をつけて、不倫をしている人が激増しているのです。(あくまでご相談ベースですが…)

緊急事態宣言が不倫を増加させた!?

実はリモートワークが導入された事により、外出の頻度が減り一時的に不倫の数は減ったと言われています。
しかし、人間いつまでも我慢できるわけではなく、それも一時の事だったのでしょう。今年に入り、また不倫のご相談は当事務所でも増えてきております。

(1)嘘をついて外出する

昨年の緊急事態宣言下ではリモートワークであった企業が、現状はリモートワークを導入していないケースももちろんあります。
しかし、現状リモートワークを導入している会社であっても、「出社する事になった」とうそをついて、会社を休んで逢瀬を重ねているのです。

(2)人が増えた事で目立ちにくい

昨年のこの時期であれば、街が閑散としており、不倫をしていると悪目立ちする様な所もありましたが、街に人が戻ってきている状況の現在では自然に街に溶け込めるようになっています。同じ緊急事態宣言下でも昨年とは全く異なる状況であり、それを理解した人たちがいち早く不倫という悪魔の蜜を吸い始めているのです。

まとめ

現状、まだ日本もコロナウイルスが終息した決して言えませんし、今後も予断を許さない状況が続いています。
不倫をする事で濃厚接触者を増やす事にもなりますし、当然ですが感染リスクは飛躍的に高まる事になるのです。そういったリスクが家族をも巻き込むと考えると平時の時と同じように悠長に不倫に熱を上げている場合でないことが理解して頂けるのではないでしょうか。

お問い合わせ
お問い合わせ
よくある質問
Q&A 安心してご依頼をして頂く為に、
依頼主の方からよく頂く質問を、
こちらにまとめました。

詳細はコチラ

探偵用語集
探偵用語集 初めてのご依頼では不安な事もあるでしょう。探偵のお仕事で使われる用語集を作りました。 気になる言葉はご確認下さい。

詳細はコチラ

他社との比較
他社との比較 アーネット調査事務所が他社とは違う所!こちらに全てまとめてあります!是非ご確認下さい。

詳細はコチラ

アーネット調査事務所について

アーネット調査事務所

アーネット調査事務所は高度な技術力に裏付けされた探偵のプロフェッショナル集団です。

会社概要 代表者挨拶
沿革 アクセス
ページ上部へ戻る