首都圏の浮気調査・家出所在調査は創業16年3万件以上の実績を持つアーネット調査事務所にお任せ下さい

電話番号(0120-48-8349)
無料相談
TOP >  新着情報 > 豆知識 > 男性と女性の浮気の確率の違い

男性と女性の浮気の確率の違い

探偵という仕事柄浮気調査や離婚に向けて、
弁護士さんの紹介なども行っておりますので、
おそらく一般の方よりもはるかに浮気・不倫を目の当たりにしています。

浮気や不倫をするのは、必ずしもかっこいい、キレイなどという、
外見的な要因だけではありません。

正直お世辞にもカッコいいとは言えない男性や、
キレイとは言えない女性であっても、外見以外の部分の魅力によって、
浮気や不倫に走ってしまうケースもあります。

あの有名な『サガミオリジナル』
幸福の0.01ミリの世界最薄の薄さを実現しているコンドームの会社、
相模ゴム工業株式会社が2013年に大々的に行った、
【配偶者・恋人以外との性的関係】の調査アンケート。

■男性26.9%
■女性16.3%

年代別で多少なりの差はあるものの、
男性の場合は「4人に1人」女性の場合は「6人に1人」が、
パートナー以外と肉体関係を持った事があるという事なのです。

この数字を見て、どうお考えになりますか?

据え膳食わぬは男の恥

昔から言われる格言でもありますが、男性は女性から誘われた場合には、
断ってしまうのは男性としての威厳が損なわれて、
恥をかくというような事です。

確かに男性の方が女性よりも妊娠をしない、種を捲くという意味でも、
浮気のハードルは低いのかもしれませんが、
それでもこの数字は女性からすると非常に許しがたい数字かもしれません。

女性のお酒は注意

そんな事を言われる事もありますが、
やはり女性の浮気で多いケースは「お酒の勢い」ではないでしょうか。

正常な判断が出来ずに過ちを犯してしまった経験がある方もいらっしゃるのでは?

どうしても男性は女性を抱こうという下心で、
無理に飲ませてみたり、限度を超えて煽ったりという事があるようです。

無理やり飲ませてくる男性にもちろん要注意ですが、
自分がどこまで飲んだら大丈夫なのかまで、
しっかりと把握しておく事も重要です。

パートナーを思いやる

当たり前ですが、不倫や浮気をされて喜ぶ人はいません。
それは自分がされた立場になれば、想像できることでしょう。

そんなつらい思いをパートナーにさせるという事は、
言い換えれば自分自身を傷つける行為にもなるのです。

ちょっとした誘惑で、パートナーを失ったり、傷つける事がない様に、
そんな場面に出くわした際は、
パートナーの事を思い出してみるといいかもしれません。

お問い合わせ
お問い合わせ
よくある質問
Q&A 安心してご依頼をして頂く為に、
依頼主の方からよく頂く質問を、
こちらにまとめました。

詳細はコチラ

探偵用語集
探偵用語集 初めてのご依頼では不安な事もあるでしょう。探偵のお仕事で使われる用語集を作りました。 気になる言葉はご確認下さい。

詳細はコチラ

他社との比較
他社との比較 アーネット調査事務所が他社とは違う所!こちらに全てまとめてあります!是非ご確認下さい。

詳細はコチラ

アーネット調査事務所について

アーネット調査事務所

アーネット調査事務所は高度な技術力に裏付けされた探偵のプロフェッショナル集団です。

会社概要 代表者挨拶
沿革 アクセス
ページ上部へ戻る