埼玉・茨城・群馬の浮気調査は探偵のプロフェッショナル アーネット調査事務所│浮気に時効があるって知ってた?

電話番号(0120-48-8349)
無料相談
TOP >  新着情報 > 豆知識 > 浮気に時効があるって知ってた?

浮気に時効があるって知ってた?

浮気はよくないということは誰もが分かっていながらも、浮気が無くならないのが事実です。更に近年では浮気が増加傾向にあり、離婚に対するトラブルも少なくありません。そのような中で、浮気をしていると分かっていながらも、子供のためを思い黙って我慢している人もいますよね。そのような方は、「子供が大きくなったら離婚して、慰謝料をたくさん貰ってやる」と言う願望を抱く人もいます。ですが、そこには大きな落とし穴があります。それが「時効」です。今回は浮気にも時効があることを説明していきます。

浮気の時効って?

実は、浮気は民法724条でしっかりと定められています。
その法律のポイントとなるのが「3年」と「20年」です。

まず、「3年」ですが、これは「浮気相手を知ってから3年」経つと消滅時効すると記載されています。
これはどういうことかと言うと、「浮気相手の情報(名前・住所)を知ってから3年」すると消滅時効になると言うことです。もし、3年以上経ってしまい時効になった場合は、浮気への慰謝料請求が難しくなります。

ですが、被害者(浮気された側)が浮気されていることを知っているが、加害者(浮気相手)のことを何も知らなければ3年の計算は始まりません。

要は、「いつ加害者(浮気相手)の情報(名前・住所)を被害者(浮気された側)が知ったか?」が3年計算の起点となります。

なので、子育てが終わったら証拠揃えて訴えてやると思っても、情報を得てから3年以上経過した場合は慰謝料を獲得する事は難しくなります。

次に「20年」です。
これは、浮気をしていた時から20年の除斥期間です。

例え浮気相手を知らなかったとしても、相手が浮気をしてから20年以上経過していた場合は請求が難しくなると言う事です。

時効は起点次第では計算を戻すことが可能ですが、20年の除斥期間に至ってはそのようなことができません。

浮気をしてから20年で、浮気相手を知っているかどうかなど関係なく慰謝料などの請求が難しくなります。

まとめ

浮気は民法724条でしっかりと定められています。そのため、いくら我慢をしてきたからといっても慰謝料の請求ができないとなれば、自分の今までの我慢はなんだったのかと精神的なダメージをおってしまします。そうならないためにも、相手が浮気をしていると分かった時点で相手と相談するなり、弁護士に相談するなどした方がいいと思います。

お問い合わせ
お問い合わせ
よくある質問
Q&A 安心してご依頼をして頂く為に、
依頼主の方からよく頂く質問を、
こちらにまとめました。

詳細はコチラ

探偵用語集
探偵用語集 初めてのご依頼では不安な事もあるでしょう。探偵のお仕事で使われる用語集を作りました。 気になる言葉はご確認下さい。

詳細はコチラ

他社との比較
他社との比較 アーネット調査事務所が他社とは違う所!こちらに全てまとめてあります!是非ご確認下さい。

詳細はコチラ

アーネット調査事務所について

アーネット調査事務所

アーネット調査事務所は高度な技術力に裏付けされた探偵のプロフェッショナル集団です。

会社概要 代表者挨拶
沿革 アクセス
ページ上部へ戻る