埼玉・茨城・群馬の浮気調査は探偵のプロフェッショナル アーネット調査事務所│慰謝料請求を侮るなかれ!!不倫で実家の家がなくなった人も…

電話番号(0120-48-8349)
無料相談
TOP >  新着情報 > 豆知識 > 慰謝料請求を侮るなかれ!!不倫で実家の家がなくなった人も…

慰謝料請求を侮るなかれ!!不倫で実家の家がなくなった人も…

不倫をした場合の慰謝料の相場は結婚していた年数や離婚するか否かにもよって変わりますが、平均すると大体100万円~300万円程度になるでしょう。しかし、これは話し合いですんなりと慰謝料がまとまった場合です。話がすんなりまとまらないケースも多く、特に女性側が不倫をしていた場合に男性側の怒りのボルテージはかなり高く、話し合いがこじれるケースが多い印象です。当事務所であった実際の事例をご紹介します。

不倫の慰謝料で実家がなくなった…

仮にお名前をヒロシさんとしますが、このヒロシさんは当事務所に相談に来られて、奥様のユリカさんの不倫が発覚しました。そしてこの不倫は年数がほぼ結婚年数と同等であった事、結婚前から二股で不倫関係にあった事などもあって、ヒロシさんの怒りは最高潮となっていました。どちらかというと、お金や離婚をする事よりも、ご本人の意思としては不倫をしていたユリカさんとその不倫相手の社会的制裁にある様でした。

離婚時の話し合いにおいて、弁護士も同席の上で当事者を呼んで話し合いが行われました。

ヒロシさんの要求額はそれぞれに3000万円の慰謝料と財産放棄という非常に厳しい内容。もちろん法外である事は弁護士もヒロシさんも理解をしていましたが、金額よりも社会的制裁を受けさせる事に意味があるという依頼主であるヒロシさんの意向が反映されていたのでしょう。

もちろんこの3000万円については、不倫をしていたユリカさんも不倫相手も口を揃えて「無理だ!」と反論しました。
しかし、この不倫関係にあった二人は金融機関にお勤めで上司と部下という関係だったのです。そこでヒロシさんは「払えないなら払わなくても結構です。会社には労務規定や社会のお金を扱う企業としての倫理の問題から、報告はさせて頂きますね。」と告げたのです。

不倫問題を会社に報告する事は侮辱罪や名誉棄損にあたる可能性もありますが、そういったリスクも承知の上で交渉の材料として話をしたのです。

金融機関の場合、不倫が公になればまず間違いなく、左遷や望まない地域への転勤が課せられます。
信用という部分が金融機関には根底にあり、不倫という行為はその信用を根底から裏切る背信行為なのです。だからこそこの二人は会社に知られる事を恐れたのです。

その後は二人とも弁護士を入れての交渉となりましたが、不倫相手の男性は高給取りで資産家の息子という事もあり、3000万円を即用意して示談となりました。
一方、ユリカさんはそういっためぼしい金融資産もなく、実家の両親に相談した所、一人娘が裁判をされる様な事態は避けたいと泣く泣くご実家を売却されて、3000万円を作り、支払ったのです。

こういったケースはまれですが、不倫によって自分だけではなく、周りの人まで不幸にしてしまう可能性があるのです。今回で言えば、不倫をしたユリカさんの両親はまさに被害者と言えるでしょう。

お問い合わせ
お問い合わせ
よくある質問
Q&A 安心してご依頼をして頂く為に、
依頼主の方からよく頂く質問を、
こちらにまとめました。

詳細はコチラ

探偵用語集
探偵用語集 初めてのご依頼では不安な事もあるでしょう。探偵のお仕事で使われる用語集を作りました。 気になる言葉はご確認下さい。

詳細はコチラ

他社との比較
他社との比較 アーネット調査事務所が他社とは違う所!こちらに全てまとめてあります!是非ご確認下さい。

詳細はコチラ

アーネット調査事務所について

アーネット調査事務所

アーネット調査事務所は高度な技術力に裏付けされた探偵のプロフェッショナル集団です。

会社概要 代表者挨拶
沿革 アクセス
ページ上部へ戻る