首都圏の浮気調査・家出所在調査は創業16年3万件以上の実績を持つアーネット調査事務所にお任せ下さい

電話番号(0120-48-8349)
無料相談
TOP >  新着情報 > 豆知識 > モラハラ離婚をしたいならこれが大事!モラハラの証拠の残し方

モラハラ離婚をしたいならこれが大事!モラハラの証拠の残し方

相手の浮気、酒癖、暴力など、離婚の理由は千差万別、いろいろありますが、最近増えてきているのが「モラハラ」です。心無い言葉を浴びせたり、無視をしたり、生活費を渡さなかったり。DVが身体的な暴力ならモラハラは立派な心理的暴力。しかし、浮気やDVなど他の離婚理由に比べて、目に見える証拠が残りにくいため他人に訴えることが困難。モラハラを理由に離婚をしたいなら、用意周到に証拠を残したいものです。今回は、モラハラ離婚をするための証拠の残し方について解説します。

言われたこと、されたことを書き留めておく

モラハラの手口は非常にたくさんあります。「バカ」「ブス」「飯がまずい」「お前は何もできない」など、あなたを貶める言葉を直接ぶつけたり、友人や家族の前で恥をかかされたり、無視をされたり。他にも、平気で嘘をつく、生活費をまったく入れない、といったケースも。これらすべてに対して証拠を残すのは困難ですが、相手に言われたこと、されたことを毎日事細かに記した日記があるだけでも立派な証拠となります。

相手が物に当たって破壊した、傷つけた証拠を画像に撮っておく

モラハラはDVと違い、直接的に体への暴力を加えることがありません。その代わり、奥さんを威嚇するかのごとく、気に入らないことがあると物に当たって壊したり、わざと大きな音を立てて扉を閉めたり、相手の恐怖心を煽って服従させるような行動をとります。もしも、物に当たって壊す、傷つけるような行為が見られたら、もちろん怖いでしょうが、チャンスと思って前向きに捉え、破壊されたものを写真に撮って保存しておきましょう。

相手から送られてきたメールの文面を残しておく

モラハラをする人は、面と向かって直接罵詈雑言を浴びせたりするだけでなく、スマホメールやLINEでも容赦なくひどい文言を並べ立てたり、嘲笑したりすることがあります。そうしたメッセージは手元に置いておくだけでも気分の悪いものですが、然るべき時のためにちゃんと保存して、証拠として提出しましょう。

相手の発言をレコーダーに録音する

聞くに耐えないひどい物言いや、激しく激昂する瞬間、あなたに対して恐怖心を煽るような行為をしてきた場面などを、レコーダーに録音するのは確実な手段です。これにはなにもICレコーダーを用意する必要はなく、スマホが1つあればOK。スマホの録音機能はとてもクリーンに音声を残してくれますし、何より録音スイッチを入れっぱなしにして肌身離さず身につけていても怪しまれることはありません。

モラハラをする側は、外面がよく周りに気づかれないことがほとんど。自衛の手段として、きっちり証拠を残しましょうね。

お問い合わせ

Warning: ksort() expects parameter 1 to be array, object given in /home/users/1/lolipop.jp-dp24114081/web/wp/wp-content/plugins/yet-another-related-posts-plugin/classes/YARPP_Cache.php on line 462
お問い合わせ
よくある質問
Q&A 安心してご依頼をして頂く為に、
依頼主の方からよく頂く質問を、
こちらにまとめました。

詳細はコチラ

探偵用語集
探偵用語集 初めてのご依頼では不安な事もあるでしょう。探偵のお仕事で使われる用語集を作りました。 気になる言葉はご確認下さい。

詳細はコチラ

他社との比較
他社との比較 アーネット調査事務所が他社とは違う所!こちらに全てまとめてあります!是非ご確認下さい。

詳細はコチラ

アーネット調査事務所について

アーネット調査事務所

アーネット調査事務所は高度な技術力に裏付けされた探偵のプロフェッショナル集団です。

会社概要 代表者挨拶
沿革 アクセス
ページ上部へ戻る