首都圏の浮気調査・家出所在調査は創業16年3万件以上の実績を持つアーネット調査事務所にお任せ下さい

電話番号(0120-48-8349)
無料相談
TOP >  新着情報 > 豆知識 > DV夫から逃れたい!こっそり身を隠して別れる方法は?

DV夫から逃れたい!こっそり身を隠して別れる方法は?

3shutterstock_55691850700

結婚生活は夫婦がお互いに我慢しなければいけない場面が多々ありますが、相手に暴力を振るわれた、暴言を浴びせられたということまで我慢する必要はありません。

今回は、DV被害から身を守るために、DV夫からの逃れ方についてお話します。

直接的な暴力だけでなく間接的な暴力もDVになる

DV(ドメスティック・バイオレンス)と聞くと、体中にあざができるほど殴られたり蹴られたり、髪の毛を掴まれたりと、壮絶な身体的暴力を思い浮かべる人が大半でしょう。

しかし、こうした体への直接的な暴力だけでなく、暴言を浴びせる、「殺すぞ」などと脅迫する、目の前で器物を破壊するなど、間接的・精神的暴力もDVと呼ばれる行為に入ります。

DV夫は執着心が強く人当たりがよい

こうしたDVを繰り返す男性は、普段は人当たりがよくとても暴力を振るうような人間に見えないように振る舞うことから、SOSを発信しても周りの人に気づかれにくく、人に相談しにくい状況に陥ることが。

また、自分の支配下においた人間に対して執着心が強く、逃げ出したとしてもさまざまなルートで探し出そうとしてきます。

DV夫から逃げるには

SOSを周りに気づいてもらえなったり、逃げ出しても追ってくるといっても、そこで諦めて一生を棒に振ることはありません。安全に逃げるためにも、以下に挙げるような方法で周到に脱出を図りましょう。

証拠を集める

まずは、DVを受けている証拠を集めましょう。体に直接暴力を受けているなら病院へ行き、診断書を書いてもらったり、患部を写真に撮っておくなど。暴言を浴びせられたり目の前で物を破壊するなど間接的な暴力の場合は、会話を録音したり破壊した物の写真を撮るなどして証拠にします。

DVの相談窓口に相談する

旦那さんのDVについて相談する人がいない場合には、行政窓口やNPOが開設するDVの相談窓口を利用してはいかがでしょうか。DV被害についての保護やサポートなどをアドバイスしてもらえます。

警察に相談する

DVがエスカレートしてきたなど、命の危険を感じるような場合には直ちに警察に相談しましょう。警察に相談をする際はDV被害を受けている証拠を持参し、DV被害に遭っている旨訴えます。

住まいを別にする

命の危険を感じるほどであれば、別居をするのも1つの方法です。転居したあとは住所を特定されないよう、役所に事情を説明し、住民票を移さずにおく措置をとったり、やむを得ず住民票を移さなければならない場合には先に相談した警察に住民票の閲覧制限をしてもらう、家庭裁判所に保護命令を出してもらうなど、相手に居場所を特定されたり、接近されないように
します。

第三者を通して離婚する

そこまで追い詰められたなら、この先どうしてもDV夫とやり直すなど考えられないでしょう。離婚をしたい場合には、必ず弁護士など第三者を立てて、直接に離婚交渉をしないようにしましょう。

お問い合わせ
お問い合わせ
よくある質問
Q&A 安心してご依頼をして頂く為に、
依頼主の方からよく頂く質問を、
こちらにまとめました。

詳細はコチラ

探偵用語集
探偵用語集 初めてのご依頼では不安な事もあるでしょう。探偵のお仕事で使われる用語集を作りました。 気になる言葉はご確認下さい。

詳細はコチラ

他社との比較
他社との比較 アーネット調査事務所が他社とは違う所!こちらに全てまとめてあります!是非ご確認下さい。

詳細はコチラ

アーネット調査事務所について

アーネット調査事務所

アーネット調査事務所は高度な技術力に裏付けされた探偵のプロフェッショナル集団です。

会社概要 代表者挨拶
沿革 アクセス
ページ上部へ戻る