首都圏の浮気調査・家出所在調査は創業16年3万件以上の実績を持つアーネット調査事務所にお任せ下さい

電話番号(0120-48-8349)
無料相談
TOP >  新着情報 > 豆知識 > 離婚と慰謝料は決して切り離して考える事は出来ません。

離婚と慰謝料は決して切り離して考える事は出来ません。

2

離婚しないにこした事はないけど、どうしても離婚を決断した場合、
今後の生活を考えると、慰謝料は決して切り離して考える事は出来ません。

もちろん一切かかわりを持ちたくないために拒否される方もいますが、
請求できる権利をお持ちの場合は、それを行使されることをお勧めします。

慰謝料について

まず慰謝料についてはですが、基本的に有責の場合については、
貰えないと思ってください。

慰謝料の概念は基本的に、
「生命、身体、自由、名誉、貞操が不法に侵害された場合の、
精神的損害に対する損害賠償金」という定義のため、
離婚の原因が主に自分にある場合は当然貰うことは出来ません。

ポイントになる項目はいくつかあります。
・婚姻期間
・離婚原因
・有責の程度
・年収

これらを総合的に勘案して、慰謝料は計算をされます。
一般的には100万~300万円程度が最も多く、これが相場と言えるでしょう。

ただこれは裁判所を通してのと離婚の場合です。
「協議離婚」と言われる当事者同士で話し合って、決めるケースでは、
担当弁護士さんのノウハウや相手の知識によって、
大きく変わるケースもあります。

また離婚の際の慰謝料は厳密な計算方法はありません。

もちろん過去の判例もありますが、あくまで参考程度であり、
それを鵜呑みにすることはできません。
また相手側に不貞やDVなどがあった場合は、根拠・証拠が非常に重要になりますので、
確実な証拠を掴むための準備をしていきましょう。

個人的に一番懸念をしているのが、「約束はしたものの払われないケース」です。
景気の低迷と共に増えており、一方的に約束が反故にされてしまうのです。

しっかり離婚時に公証役場に行き、公正証書を作り、慰謝料の確保の準備をしておきましょう。
相手が払わない場合でも差し押さえや強制執行という形で、取り立てることが可能になります。

知識がなく、不利な離婚になってしまう女性は非常に多く、
その後の生活までも尾を引いてしまうケースもあります。
離婚は一般的にはネガティブなものですが、
自分の未来の為に、知識をつけて「離婚」に臨んでください。

お問い合わせ
お問い合わせ
よくある質問
Q&A 安心してご依頼をして頂く為に、
依頼主の方からよく頂く質問を、
こちらにまとめました。

詳細はコチラ

探偵用語集
探偵用語集 初めてのご依頼では不安な事もあるでしょう。探偵のお仕事で使われる用語集を作りました。 気になる言葉はご確認下さい。

詳細はコチラ

他社との比較
他社との比較 アーネット調査事務所が他社とは違う所!こちらに全てまとめてあります!是非ご確認下さい。

詳細はコチラ

アーネット調査事務所について

アーネット調査事務所

アーネット調査事務所は高度な技術力に裏付けされた探偵のプロフェッショナル集団です。

会社概要 代表者挨拶
沿革 アクセス
ページ上部へ戻る