首都圏の浮気調査・家出所在調査は創業16年3万件以上の実績を持つアーネット調査事務所にお任せ下さい

電話番号(0120-48-8349)
無料相談
TOP >  新着情報 > 浮気調査 > 自分で浮気調査するときにやりがちな失敗3選

自分で浮気調査するときにやりがちな失敗3選

「もしかしたら彼(彼女)、浮気してる?」。浮気や不倫について疑いを持ちはじめると、悶々としていてもたってもいられなくなるのが人間です。真実を知るのは怖いけど、相手との未来を思えばこそ今ここで白黒ハッキリつけておきたい、という人もいるでしょう。もしも相手の浮気の証拠を自分で掴むなら…。今回は、自分で浮気調査するときにやりがちな失敗を3つご紹介します。

相手に対して挙動不審になる

人間誰しも、うしろめたい気持ちがあるとそれを隠そうとするものです。浮気をしている人は自分の本来のパートナーに対して浮気を隠そうとするために、突然やさしくなったりプレゼントをしてみたりという行動に出ることが。それと同じように、浮気を疑い調査をしている側も、パートナーに対してコソコソと動いていることをどこかうしろめたいと思っているので、つい挙動不審な行動をとってしまいます。相手に対するときによそよそしい態度になったり、顔色を疑うような行動に出ると、相手が浮気を疑われているのかも知れないと勘ぐるきっかけになってしまいます。

携帯電話チェックがバレル

携帯電話やスマホは浮気や不倫を助長させる定番アイテム。パートナーが誰と、どんなやりとりをしているかを探るには、携帯電話をチェックすれば一発です。しかし、相手がもしも本当に浮気をしていたら、携帯電話の管理には細心の注意を払っているはず。携帯電話のチェックをすることで浮気調査していることがバレることもありえます。例えばLINEやMessengerの未読メールを既読にしてしまったり、立ち上げたアプリを落とさずそのままにしておいたり、自分ではない他の誰かが携帯電話を触ったと相手に気づかれると、プライバシーの侵害を訴えられてそのまま別れにつながる可能性も。

辛抱できなくなって相手を問い詰めてしまう

パートナーの浮気を疑って自分で調査をしてみたら、いかにも怪しい情報が次々と出てきたけれど、肝心の決定的証拠が掴めない。自分がこうしている間にも、パートナーは浮気相手とのひとときを過ごしているのかも知れないのだから、これは焦りますよね。そうしたとき、気持ちが高ぶってついついやってしまいがちなのが相手を問い詰めてしまうこと。証拠を手に入れないまま感情的に相手に対すると、もしも本当に相手が浮気していた場合、こっそり浮気関係を解消したり、巧みに証拠を隠滅して絶対にバレないように細工をする可能性があります。

パートナーの不倫や浮気を疑って、自力でそれを調べようと思うなら、相手の前で平常心を装うこと。浮気調査をしていることがバレないように立ち回って、確実に証拠をゲットしましょう。

お問い合わせ
お問い合わせ
よくある質問
Q&A 安心してご依頼をして頂く為に、
依頼主の方からよく頂く質問を、
こちらにまとめました。

詳細はコチラ

探偵用語集
探偵用語集 初めてのご依頼では不安な事もあるでしょう。探偵のお仕事で使われる用語集を作りました。 気になる言葉はご確認下さい。

詳細はコチラ

他社との比較
他社との比較 アーネット調査事務所が他社とは違う所!こちらに全てまとめてあります!是非ご確認下さい。

詳細はコチラ

アーネット調査事務所について

アーネット調査事務所

アーネット調査事務所は高度な技術力に裏付けされた探偵のプロフェッショナル集団です。

会社概要 代表者挨拶
沿革 アクセス
ページ上部へ戻る