首都圏の浮気調査・家出所在調査は創業16年3万件以上の実績を持つアーネット調査事務所にお任せ下さい

電話番号(0120-48-8349)
無料相談
TOP >  新着情報 > 豆知識 > 復縁したい!あなたがやるべきでない5つのこと

復縁したい!あなたがやるべきでない5つのこと

身勝手過ぎる浮気者たちの案件ファイル-

去っていきそうな恋人をつなぎとめたり、冷え切った夫婦関係を温め直したいと思っても、それは容易なことではありません。相手を思うゆえに必死すぎて、とった行動が裏目に出てしまい関係をより悪化させてしまうことも。今回は、相手と復縁したい人がやるべきでない行動5つをご紹介します。

意味のないメールを頻繁に送る

相手の気を引きたいがために、内容のないメールをついつい頻繁に送ったりしていませんか?気持ちが冷めている状態だと、頻繁に送られてくるメールは嬉しいと思うどころか、逆に「うざい」と思われてしまうことが。それがポエムめいたひとりよがりな内容だと、「うざい」を通り越して引かれてしまいます。少しそっけないくらいの方が、相手の心をさざめかせます。

関係が冷え切ったことを相手のせいにする

自分の非を認めない人にありがちなのが、2人の関係が冷え切ったことを相手のせいにすること。相手の言い分を認めず、相手が浮気をしているのではないかと疑ったり、相手がこんなことをしたから今こんな状態になってしまった、と訴えるようなことは絶対にしてはいけません。こういうタイプの人はふた言目には「自分はこんなにあなたのことが好きなのに」という言い方をします。

復縁の話し合いを執拗に迫る

鉄は熱いうちに叩けとばかりに、別れをほのめかされた直後に執拗に復縁の話を持とうとするのはやめましょう。相手にすぐにでも翻意してもらおうと躍起になるのは分かりますが、相手は相手で別れると決心したばかりで決意は固いのです。復縁の話し合いをするなら、相手がクールダウンするのを待ちましょう。

仲が良かった頃の思い出を持ち出す

別れを切り出されると、仲が良かった頃の記憶を呼び覚ませば復縁できると信じて、付き合い始めた頃デートで行った場所に連れ出そうとしたり、2人のこれまでの思い出話をしたり、当時着ていた服を着てみたり、とにかく過去にしがみつこうとするのはNGです。過去からの蓄積であなたに対する気持ちが冷めたのですから、あなたが変わらない限り復縁はありません。

別れたくないばかりに交換条件を出す

自分と別れるならこうして欲しい、こうしてくれたら別れてあげる、などと交換条件を出して別れにくくさせたり、気持ちをつなぎとめようとするのはやめましょう。相手がそれで別れることを思いとどまったとしても、あなたに対する気持ちが再燃したわけではなく、交換条件を恐れて別れを諦めたにすぎません。そのような状況ではもとに戻ったとしても、いずれは破局を招きます。

お問い合わせ
お問い合わせ
よくある質問
Q&A 安心してご依頼をして頂く為に、
依頼主の方からよく頂く質問を、
こちらにまとめました。

詳細はコチラ

探偵用語集
探偵用語集 初めてのご依頼では不安な事もあるでしょう。探偵のお仕事で使われる用語集を作りました。 気になる言葉はご確認下さい。

詳細はコチラ

他社との比較
他社との比較 アーネット調査事務所が他社とは違う所!こちらに全てまとめてあります!是非ご確認下さい。

詳細はコチラ

アーネット調査事務所について

アーネット調査事務所

アーネット調査事務所は高度な技術力に裏付けされた探偵のプロフェッショナル集団です。

会社概要 代表者挨拶
沿革 アクセス
ページ上部へ戻る