首都圏の浮気調査・家出所在調査は創業16年3万件以上の実績を持つアーネット調査事務所にお任せ下さい

電話番号(0120-48-8349)
無料相談
TOP >  新着情報 > 豆知識 > イザという時に知っておきたい!離婚で相手方に請求できるお金のハナシ

イザという時に知っておきたい!離婚で相手方に請求できるお金のハナシ

結婚生活においては「イザという時」なんてないほうがいいものです。けれども、予想もしなかったことが起こるのもまた人生。有事の際に、その知識があるのとないのとでは大きな差です。今回は、イザという時に知っておきたい、離婚で相手方に請求できるお金についてご紹介します。

婚姻後にできた財産は2人で分ける「財産分与」

近年、女性の社会進出が叫ばれているとはいえ、出産・育児で主体となる女性は男性に比べて働き方が制限されてしまいます。そして、その分収入も男性に比べてまだまだ少ないのが現状。これでは専業主婦やパートタイマの方は、旦那さんに原因があって離婚したいと思っても、生活苦を気にしてなかなか離婚に踏み切れません。

せめて当面の生活費があれば、仕事を探して自立できるのに…という時に思い出してほしいのが、「財産分与」という制度です。例えば、普段働いている旦那さんは収入があるので貯金をすることができますが、専業主婦の方は貯金なんてできませんよね。でも、旦那さんは家事・育児をして生活をサポートしてくれる奥さんがいるからこそ日々仕事に通うことができるのです。このように、夫婦の財産は協力し合って築き上げたもの、という考え方のもと、財産を分け合うのが「財産分与」です。

子どもがいるなら考えておきたい「養育費」

離婚といえばよく聞くのがこのワードではないでしょうか。夫婦のあいだに未成人の子どもがいる場合、「養育費」を請求できることはポピュラーに知られています。

子どもの年齢や相手の収入等によって金額が決せられる「養育費」ですが、支払いを約束したものの、踏み倒す人が大半なのだとか。離婚で「養育費」を請求する場合には口約束にはせず、公証人役場で公正証書を作成して確たる証拠を残すようにしましょう。

離婚までに別居をしているならもらっておきたい「婚姻費用」

相手の浮気やDVなど、離婚原因によっては離婚前から別居を開始する人もいるでしょう。しかし、「財産分与」でも先述したように、それが専業主婦やパートタイマーである場合には生活費が心配ですよね。別居をしたものの、まだ婚姻関係が解消されていないのならば、「婚姻費用」を請求することができます。

「婚姻費用」とはつまり、婚姻関係において発生する生活費。通常は、収入の高い人が低い人へ支払います。なお、「婚姻費用」は名の通り婚姻関係が継続しているあいだに支払われるものなので、離婚をしたらなくなります。

相手からの不当な扱いで離婚を決意したなら「慰謝料」

ドラマやサスペンスなどによく登場するのが「慰謝料」ですね。これは読んで字のごとく、不法な侵害によって被った精神的苦痛を慰め謝るもの。相手方の不貞行為やDV行為など、離婚の原因となった不当な扱いに対して請求することができます。

以上、イザという時に知っておきたい離婚に関するお金のハナシでした。

お問い合わせ
お問い合わせ
よくある質問
Q&A 安心してご依頼をして頂く為に、
依頼主の方からよく頂く質問を、
こちらにまとめました。

詳細はコチラ

探偵用語集
探偵用語集 初めてのご依頼では不安な事もあるでしょう。探偵のお仕事で使われる用語集を作りました。 気になる言葉はご確認下さい。

詳細はコチラ

他社との比較
他社との比較 アーネット調査事務所が他社とは違う所!こちらに全てまとめてあります!是非ご確認下さい。

詳細はコチラ

アーネット調査事務所について

アーネット調査事務所

アーネット調査事務所は高度な技術力に裏付けされた探偵のプロフェッショナル集団です。

会社概要 代表者挨拶
沿革 アクセス
ページ上部へ戻る