首都圏の浮気調査・家出所在調査は創業16年3万件以上の実績を持つアーネット調査事務所にお任せ下さい

電話番号(0120-48-8349)
無料相談
TOP >  新着情報 > 豆知識 > 「一線を越えるって」どこから?不貞とみなされる行為

「一線を越えるって」どこから?不貞とみなされる行為

芸能人や政治家の不倫スキャンダルが相次いでいる2017年。この頃では「一線を越える」がキーワードのようにメディアで扱われていますが、実際に「一線を越える」=不貞行為としてみなされるのはどこからをいうのでしょうか。

そもそも不貞行為とは?

不貞行為は、民法第770条第1項第1号によると「法定離婚事由」にあたるもので、一般的には「不倫」「浮気」と言い表されます。夫婦どうしが話し合って離婚を決める協議離婚が決裂し、離婚調停も不調に終わってしまった場合、離婚裁判を起こしたい時にはこの「法定離婚事由」が存在する必要があります。

法定離婚事由は民法第770条第1項第1号で定められており、不貞行為はこれに該当します。そして、不貞行為が存在すると認定された場合、民法上では「不法行為」と扱われ、慰謝料の請求が可能になります。

どこからが不貞行為?ここが「一線」だ!

不貞行為=不倫、浮気といいますが、不倫や浮気の概念は個々によって違うものです。「キスをしたら一線を越えている」「手をつないだ時点でアウトでしょ!?」。それぞれが主張をしはじめたら、何をもって一線を越えたと断ずるかが曖昧になってしまいますよね。

ところが、民法の不貞行為を定めた条文には、どこからが不貞行為である、ということは明確に書かれていません。そこで登場するのが判例。これまでに不貞行為を認めた判例を紐解くと、一線を越えるとはすなわち「肉体関係を持つ」、ということになっています。

ですので、「交際を匂わせるメッセージを送り合っていた」「手をつないで歩いているのを見かけた」「キスをしていた」という証拠だけでは、それだけで不貞行為があったとは認められません。キスをしていただけでも立派な不倫では?と思わなくもないですが、「夫婦はお互いに貞操義務がある」という文言を思えば、確かに不貞行為とは体を許すことであると言えなくもないですね。

ただし、「濃密なキスをしている画像」に加え、「肉体関係を類推させるメッセージを交わしている」など、肉体関係そのものの証拠ではなくとも複数の証拠を合わせることで不貞行為が認められた、ということはあります。

つまり、たとえそれが不貞行為と断じることができる決定的な証拠ではなくとも、パートナーの携帯電話の画像をとっておいたり、メッセージ履歴を入手しておいたりといったことは無駄にはならないので、相手がクロだと思ったら、小さな証拠もコツコツと集めておくようにしましょう。

お問い合わせ
お問い合わせ
よくある質問
Q&A 安心してご依頼をして頂く為に、
依頼主の方からよく頂く質問を、
こちらにまとめました。

詳細はコチラ

探偵用語集
探偵用語集 初めてのご依頼では不安な事もあるでしょう。探偵のお仕事で使われる用語集を作りました。 気になる言葉はご確認下さい。

詳細はコチラ

他社との比較
他社との比較 アーネット調査事務所が他社とは違う所!こちらに全てまとめてあります!是非ご確認下さい。

詳細はコチラ

アーネット調査事務所について

アーネット調査事務所

アーネット調査事務所は高度な技術力に裏付けされた探偵のプロフェッショナル集団です。

会社概要 代表者挨拶
沿革 アクセス
ページ上部へ戻る